ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > UNO(ウノ)の日

今日は何の日

UNO(ウノ)の日 (1月11日)

世界約80ヵ国で親しまれている人気のカードゲーム「UNO(ウノ)」を販売するマテル・インターナショナル株式会社が制定。

日付はスペイン語やイタリア語で「UNO(ウノ)」は数字の1を意味することから、1が重なる1月11日に。2016年(平成28年)に誕生から45周年を迎えた「UNO(ウノ)」をさらに多くの人に親しみ、楽しんでもらうことが目的。記念日は2017年(平成29年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

[UNO(ウノ)について]
1971年(昭和46年)にアメリカのオハイオ州で理髪店を営むマール・ロビンス(Merle Robbins)により考案され、1979年(昭和54年)に広く発売されて人気となった。

本ゲームは専用のカードを用い、配られた手札を早く0枚にした者が勝者となるゲームだが、対戦相手を妨害する役札が存在することと、残り手札が1枚となった時に「UNO(ウノ)!」と宣言しなければならないことが特徴である。

UNO(ウノ)を販売するマテル社は、アメリカ・カリフォルニア州エル・セグンドに本拠を置く世界最大規模の玩具メーカーであり、バービー人形で知られる。UNO(ウノ)はこれまでに1億5000万個が販売されている。

リニューアルされた現在のUNO(ウノ)には4枚のカードが新たに加わり、指定した相手と手持ちのカードをすべて交換できる「とりかえっこワイルド」(1枚)とオリジナルルールをつくって書き込むことができる「白いワイルドカード」(3枚)があり、より一層エキサイティングになっている。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る