ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 大寒忌

今日は何の日

大寒忌 (1月21日)

明治~昭和時代の小説家・里見弴(さとみ とん)の1983年(昭和58年)の忌日。

この日は二十四節気の「大寒」にあたることから「大寒忌(だいかんき)」と呼ばれている。

[里見弴について]
1888年(明治21年)7月14日、神奈川県横浜市に生まれる。本名は山内英夫(やまのうち ひでお)。父は官僚・実業家の有島武(ありしま たけし)。

出生直後に養子となり山内英夫となるが、有島家の実父母の元で他の兄弟と同様に育てられる。小説家の有島武郎(ありしま たけお)、画家の有島生馬(ありしま いくま)は共に実兄にあたる。

兄の友人である志賀直哉(しが なおや)の強い影響を受け、学習院高等科を経て、1909年(明治42年)に東京帝国大学文学部英文科を中退。

翌年創刊の『白樺』に二人の兄と共に同人として参加。その思想は代表作の『多情仏心』(1922~23年)に「まごころ哲学」としてまとめられる。1959年(昭和34年)、文化勲章を受章。

1983年(昭和58年)1月21日、肺炎のため94歳で死去。その他の代表作に『善心悪心』(1916年)、『安城家の兄弟』(1927年)、『恋ごころ』(1955年)、『極楽とんぼ』(1961年)などがある。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る