ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 八丈島から南大東島への上陸記念日

今日は何の日

八丈島から南大東島への上陸記念日 (1月23日)

東京都の八丈島で八丈島の様々な文化活動を行っている「八丈島ふるさと塾」が制定。

1900年(明治33年)1月23日に八丈島(現:東京都八丈町)の人々が南大東島(現:沖縄県南大東村)に上陸、開拓の第一歩をしるしたことを偲び、その史実を後世に伝えることが目的。

日付はその上陸をした日から。両島では毎年交流会を開いている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

八丈島は、日本の気象庁による火山活動度ランクCの活火山である。江戸時代、八丈島といえば、流刑の島であった。1964年(昭和39年)、八丈島は神奈川県・静岡県・東京都・山梨県にまたがる「富士箱根伊豆国立公園」として指定された。

南大東島は、沖縄本島の約400km東方(宮崎県の真南)に位置する大東諸島の島で、沖縄県内では6番目に面積が大きい。南大東島を含む大東諸島は八丈島からの開拓団が入植するまでは、全島が無人島であった。近年では、豊かな自然を生かした観光地として注目されている。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る