ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > チューリップを贈る日

今日は何の日

チューリップを贈る日 (1月31日)

富山県砺波市(となみし)に事務局を置く砺波切花研究会が制定。

日付は数字の1をアルファベットの「I(あい=愛)」に見立て、31を「(さい=妻)」と読むと「愛妻」となることから1月31日としたもの。

この日に大切なパートナー(愛妻)にチューリップを贈ってほしいとの思いが込められている。記念日は2019年(平成31年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

砺波市の名産品として知られる「チューリップの切花」。その花言葉は「思いやり」であり、中でも赤色のチューリップの花言葉は「真実の愛」や「愛の告白」である。

チューリップの花言葉は色によって異なり、その他、ピンク色は「愛の芽生え」「誠実な愛」、黄色は「名声」、紫色は「永遠の愛」、白色は「新しい愛」「純粋」となっている。

富山県の花「チューリップ」の歴史は、1918年(大正7年)に砺波地方で、球根栽培が行われたことに始まる。低温で、日照時間、肥沃な土地、良質な水に恵まれた富山は、チューリップの栽培に適しており、生産量の増加とともに、海外輸出されるまでになった。現在では、日本一の出荷量を誇っている。

毎年、GWには砺波チューリップ公園において国内最大級の「となみチューリップフェア」が開催され、700品種300万本の色鮮やかなチューリップが咲き揃い、全国から訪れる多くの観光客で賑わいを見せる。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る