ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 青々忌

今日は何の日

青々忌 (1月9日)

ホトトギス派の俳人・松瀬青々(まつせ せいせい)の1937年(昭和12年)の忌日。

[松瀬青々について]
青々は、1869年(明治2年)に大阪市で生まれ、本名は弥三郎。1897年(明治30年)、松山発行の俳句雑誌「ほととぎす」第4号にて虚子選に入選。1898年(明治31年)、青々に改号。正岡子規にみとめられ、勤めていた銀行を同年に退社し上京。「ホトトギス」の編集係に就く。

1900年(明治33年)、ホトトギスを退社、大阪に戻り大阪朝日新聞社に入社。会計部に務めながら「朝日俳壇」を担当する。1901年(明治34年)、俳句雑誌「宝船(たからぶね)」を創刊・主宰。後に「倦鳥(けんちょう)」と改題。青木月斗(げっと)とともに関西俳壇に重きをなした。狭心症により死去。69歳。句集に「妻木」、俳話集に「倦鳥巻頭言集」がある。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る