ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 明太子の日(2)

今日は何の日

明太子の日(2) (12月12日)

山口県下関市で明太子専門業として、辛子明太子を全国に普及させてきた前田海産株式会社が制定。

韓国伝来の辛子明太子が初めて日本に到来した発祥の地が山口県下関。日付は日本で初めて「明太子」という名称が新聞(関門日日新聞)に登場した1914年(大正3年)12月12日に由来する(「明太子開発史」成山堂刊に記載)。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

[明太子について]
「辛子明太子」は、スケトウダラの卵巣(たらこ)を唐辛子などで漬け込んだものである。

「明太子」とは、「スケトウダラの子」という意味であり、本来は「たらこ」を示す言葉として使うのが正しい。しかし、今日では「明太子」を「辛子明太子」を指す言葉として用いる人が多く、さらには「めんたい」と略されて「めんたいスパゲティー」などと言う。

明太子は、おにぎりに入れる具としたり、お茶漬けに乗せたり、明太子焼きそば、ふりかけとして利用するなど、様々な食べ方がある。その他、せんべいやスナック菓子などの材料にも使用される。

この日とは別に、福岡で「辛子明太子」が店頭に並んだ日に由来して、1月10日も「明太子の日(1)」となっている

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る