ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > ザメンホフの日

今日は何の日

ザメンホフの日 (12月15日)

この日は国際語「エスペラント」を考案したルドヴィコ・ザメンホフが生まれた日。ザメンホフ(1859~1917年)は、ユダヤ系ポーランド人の眼科医・言語学者で、当時、帝政ロシア領であったポーランドのビャウィストクに生まれた。27歳の1887年に国際語としてエスペラントを発表し、生涯この言葉の普及に当たった。

エスペラントは、現在のところ最も広く使われている計画的に作られた人工言語である。母語の異なる人々の間での意思伝達を目的としており、国際補助語として広く認知されている。この日には世界各地でエスペラント使用者により「ザメンホフ祭」などの催しが開かれる。また、エスペラントの本を買おうということで、「本の日」とも言われている。

6月12日は「一般財団法人・日本エスペラント協会」が設立された日に由来して「エスペラントの日」となっている。同協会では、日本エスペラント大会における研究発表会やエスペラント学力検定試験などを実施している。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る