ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > スケートの日

今日は何の日

スケートの日 (12月25日)

日本スケート場協会が1982年(昭和57年)に制定。

1861年(文久元年)のこの日、北海道・函館に滞在していたイギリスの軍人・貿易商・探検家・動物学者のトーマス・ブレーキストン(Thomas Blakiston、1832~1891年)が、日本で初めてスケートをしたとされる。

これとは別に、1792年(寛政4年)にロシアの使節ラクスマン一行が根室で一冬を過ごした時に、結氷した根室湾内で滑ったのが日本初であるとする説もある。

[スケート]
書籍にも記されている記念日ではあるが、その由来を含めて不明な点も多い記念日である。インターネットで検索する限りでは、日本スケート場協会はスケート場業界の任意団体との情報しかない。「スケートの日」を記念したイベントなども確認できないが、この日12月25日は「クリスマス」であり、クリスマス企画としてのイベントは確認できる。

現在、日本におけるスピードスケート、フィギュアスケート、ショートトラックの3競技を統括する組織として、公益財団法人・日本スケート連盟がある。同連盟は、1929年(昭和4年)に大日本スケート競技連盟として発足したと公式サイトに明記されている。

話は少し変わるが、日本で初めてスケートをしたとされるトーマス・ブレーキストンは、トマス・ブラキストンとも表記される。ブレーキストンは幕末から明治期にかけて日本に滞在し、津軽海峡における動物学的分布境界線の存在を指摘した人物でもある。

この境界線は後に「ブラキストン線」と命名された。この発見を記念して、函館山の山頂にブレーキストンのレリーフをはめ込んだ石碑が建てられている。ブレーキストンは20年以上にわたって函館に暮らし、貿易商として函館の発展に貢献した人物でもある。

[引用:雑学ネタ帳]


トピック

リンク

  • 一般社団法人日本障がい者就労支援協会
  • ワンニャンニューライフ - WN NewLife



  • 当サイトはリンクフリーです。
    ワークショップ ジョイント バナー 234×60
    ワークショップ ジョイント バナー
    (234×60 pixel)

QRコード

ページのトップへ戻る