ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 血清療法の日

今日は何の日

血清療法の日 (12月4日)

1890年(明治23年)のこの日、日本の医学者で細菌学者でもある北里柴三郎とドイツの医学者で実業家のエミール・ベーリングが連名で破傷風とジフテリアの血清療法の発見を発表した。

菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出し、その抗体のある血清を患者に注射することで、体内に入った毒素を中和して無力化する治療法である。北里は破傷風を、ベーリングはジフテリアを研究し、ベーリングのジフテリア血清療法は、第1回ノーベル賞受賞に繋がった。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る