ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > マウスの誕生日

今日は何の日

マウスの誕生日 (12月9日)

「IT25・50」シンポジウム実行委員会が制定。1968年12月9日にアメリカの発明家、ダグラス・エンゲルバート氏によりパーソナルコンピュータやインターネットの歴史の出発点ともなるデモンストレーション(「The Demo」)が行われた。中でもマウスはそれまで専門家しか操作できなかったコンピュータを誰もが操作できるようになる画期的なものだった。そのマウスの誕生日として「The Demo 50周年」を祝い、「ITの過去・現在・未来」について考える日とするのが目的。日付は12月9日が「The Demo」が行われた日であることから。ちなみに「IT25・50」とはインターネット商用化25周年&ダグラス・エンゲルバートThe Demo 50周年の意味。

[世界初のマウスについて]
1967年(昭和42年)、エンゲルバートはマウスの特許をアメリカで申請し、1970年(昭和45年)に取得した。

マウスが開発されたのはその数年前で、エンゲルバートのアイデアに基づいてビル・イングリッシュが設計・開発した。その特許では「X-Y position indicator for a display system」(表示システムのためのX-Y位置指示器)とされており、金属ホイールを2つ持つ木製のマウスであった。

「マウス」と名付けられたのは尻尾に相当するコードがありネズミに似ていたためである。また、スクリーン上のカーソルは「バグ」と呼んでいたが、この用語は定着しなかった。ちなみに、マウスの移動の単位は「ミッキー」であり、ミッキーマウスに由来するとされる。




トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る