ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 雑誌の日

今日は何の日

雑誌の日 (3月4日)

東京都渋谷区南平台町に本社を置く、株式会社富士山マガジンサービスが2008年(平成20年)2月23日(富士山の日)に制定。日付は「ざっ(3)し(4)」と読む語呂合わせから来ており、3月、4月は新しい季節の始まる月でもあり、新入学、新年度に向けて雑誌で新しい知識を得ようという時期にあたるので、この記念日から約2ヵ月間を雑誌の「志」(こころ34)を贈るのにふさわしい時期の始まりとの意味合いも兼ねて、3月、4月を「雑誌の月」としている。

雑誌の特徴として以下の4点が挙げられる。1、週刊、月刊、隔月刊、季刊、年刊などのように定期的に刊行される 2、一定の編集者と読者をもつ 3、複数の記事が一定の編集方法の元に同時に掲載されている 4、仮綴じ冊子の形態をとることが多い こうした特徴により速報性の点で新聞ほどではないが図書より優位にある。また図書に比べて刊行が容易であり、図書として発行するには難しい狭い専門分野の情報や娯楽情報の提供などに利用されている。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る