ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 恋人の日

今日は何の日

恋人の日 (6月12日)

恋人の日とは縁結びの神様 聖アントニオにちなんだブラジルのイベントである。

家族や友人、恋人同士との縁を深めるためにフォトフレームを送りあう習慣があり、全国額縁組合連合会(文末に解釈)では、フォトフレームを送りあうという習慣に着目し、1988年から「恋人の日」のPRに取り組んでいる。

「恋人の日」はスペイン語で"ディアス・ドス・ナモラドス"とも呼ばれ、ブラジルのサンパウロ商業協会が1952年に6月12日を「恋人の日」と定めキャンペーンを行った。そしてこれをきっかけに、ブラジルの年中行事の一つとして定着し、恋人や家族、友人がお互いに贈り物を交換し、愛情と友情を深める日として広く知られるようになった。

6月12日が「恋人の日」と定められた理由は、翌13日が「聖アントニオの日」という記念日であるからといわれている。聖アントニオは、1193年に死去した聖者であり、欧米諸国では縁結びの神、女性の守護神として人気が高く、崇められている。その前日にあたる12日には、恋人同士や夫婦間でこの日が祝われお互いに贈り物をする風習があり、その日が「恋人の日」と命名された。

全国額縁組合連合会:全国の額縁メーカー、卸業者、小売店等がユーザーへの訴求や額縁業界の親睦及び発展を目的に活動する団体




トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る