ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > プルーンの日

今日は何の日

プルーンの日 (毎月26日)

世界ナンバーワンの生産・販売量を誇るプルーンメーカーのサンスウィートの日本支社であるサンスウィート・インターナショナル日本支社が2007年(平成19年)に制定。

日付は「プ(2)ル(6)ーン」と読む語呂合わせから。毎月26日を記念日としたのは、1年中美味しいプルーンを食べてもらいたいとの願いを込めてのもの。

プルーンの魅力の伝えて販売促進につなげることが目的。記念日は2008年(平成20年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

美味しく・品質の高いサンスウィートのプルーンを使った製品はたくさんある。中でも「サンスウィートプルーン」(130g・240g)と「フルーツサプリ プルーン」(70g・270g)はモンドセレクションの食品部門において金賞を2013年(平成25年)から6年連続で受賞。また、「サンスウィートプルーン100%」がソフトドリンク部門において2015年(平成27年)に続いて4年連続で金賞を受賞している。

[プルーンについて]
プルーン(prune)は、スモモの近縁種セイヨウスモモなどの総称である。中心に大きな種を持ち、旬は7~9月の夏季。半生状のドライフルーツや、ペースト状のプルーンシロップに加工されて食されるのが主だが、新鮮なものは生のままでも食される。
世界的には、アメリカのカリフォルニア州が一大産地となっている。プルーンは雨により裂果が起こりやすいため、日本国内では比較的雨の少ない長野県(日本国内生産量のおよそ6割)・北海道・青森県などで栽培されている。日本国内で生産されたプルーンの多くは、生食用として出荷・消費される。プルーンはカロテンが多く、成人病の予防やアンチエイジングの面でも効果が期待できる。一般に、プルーンは鉄分が豊富であると言われているが、実際は取り立てて多い訳ではないが、ビタミンとともに貧血予防になる。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る