ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > クレープの日

今日は何の日

クレープの日 (毎月9日、19日、29日)

埼玉県八潮市に本社を置き、クレープなど様々なスイーツやケーキを製造・販売している株式会社モンテールが制定。

日付は、数字の「9」がクレープを巻いている形に似ていることから。毎月9日・19日・29日と、「9」の付く日を記念日とすることで、より多くの人にクレープの美味しさを知ってもらうことが目的。また、記念日を通して、クレープをもっと身近なおやつにしたいとの願いが込めらている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

同社のクレープには、コク深い生チョコをたっぷりと楽しめる「生チョコの手巻きクレープ」がある。チョコチップ入りの生チョコと、なめらかなミルククリームをしっとりクレープ生地でやさしく巻き上げている。その他、「ドトール・2層仕立てのエスプレッソクレープ」「信州産チーズの手巻きクレープ」もある。

[クレープについて]
クレープ(フランス語:crepe)は、パンケーキの一種で、フランス北西部のブルターニュが発祥の料理。元になったのは、そば粉で作った薄いパンケーキのガレット(galette)という料理である。

クレープは巻いたり折ったりして、様々な材料を包み込んで食べる場合が多い。最もシンプルなものはバターや砂糖だけを巻いたクレープである。生クリームやフルーツ、ジャム、チョコレート・ソース、アイスクリームなどを包み込んで菓子として食べる場合と、ハムや鶏肉、チーズ、野菜などを包み込んで軽食として食べる場合がある。

クレープ生地にフルーツや生クリーム、アイスクリームなどを包んだ日本独自のクレープは、1977年(昭和52年)に原宿カフェクレープが「カフェ・クレープ」1号店を東京原宿の竹下通りに開店させ、そこでメニューとして出されたのが始まりである。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る