ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 愛知のいちじくの日

今日は何の日

愛知のいちじくの日 (7月19日、8月19日、9月19日、10月19日)

愛知県名古屋市中区に本部を置き、県下のJA(農協)が会員となって設立された「JAあいち経済連」が制定。

日付は愛知県産のいちじくが数多く出回る7月から10月までの4ヵ月の、「いち(1)じく(9)」と読む語呂合わせからそれぞれ19日とした。県の特産物であり日本一の出荷量を誇る愛知県産のいちじくを、もっと多くの人にアピールして、その美味しさを知ってもらうことが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

[いちじくについて]
イチジク(無花果)は、クワ科イチジク属の落葉高木。原産地はアラビア南部。不老長寿の果物とも呼ばれる。「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来し、中国で名付けられた漢語である。

原産地に近いメソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが知られている。地中海世界でも古くから知られ、エジプト・ギリシアなどで紀元前から栽培されていた。古代ローマでは最もありふれた果物の一つであり、甘味源としても重要であった。

日本には江戸時代初期、ペルシャから中国を経て、長崎に伝来した。日本に古く渡来したのが在来種で、のちに果樹として洋種が栽培されている。果糖・ブドウ糖・ビタミン・カリウムなどの様々な成分が含まれ、食物繊維も豊富な独特の甘みのある果実である。

1月19日は「いち(1)じく(19)」と読む語呂合わせから「はっぴいおかん・大阪いちじくの日」となっている。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る