ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 地ビールの日・ビールの日

今日は何の日

地ビールの日・ビールの日 (4月23日)

日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年(平成11年)に制定、翌2000年(平成12年)から実施。日付は公募により応募数543通の中から選定され、「地ビールの日・ビールの日」となった。1516年のこの日、ドイツ・バイエルン国王ウィルヘルム4世が発令した「ビール純粋令」により、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなり、「ビール」が何であるかが世界で初めて明確に定義された。また、この日はドイツにおいて1995年(平成7年)から「ビールの日」となっている。

「地ビール」とは、小規模ビール会社によるビールのことである。1994年(平成6年)4月の酒税法改正により、ビールの最低製造数量基準が年間2000kLから600kLに緩和されたことを受けて、全国各地で地域密着型・小規模醸造のビール会社が誕生し、地方ローカルブランドの「地ビール」が造られるようになった。「地ビール」は「クラフトビール」(craft beer)とも呼ばれ、「小規模醸造によるビール」という意味は同じであるが、英語では「職人技のビール」「手作りのビール」などを意味する表現である。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る