ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > 就労支援 > 在宅支援

在宅支援

在宅支援とは?

  1. 在宅でのサービス利用を希望する者であって、
  2. 在宅でのサービスによる支援効果が認められると市町村が判断した方。
が、利用する事ができます。実際に事業所に通所する事なく、自宅にてサービスを受けることができる制度となります。就労移行支援、就労継続支援B型のどちらでも利用可能になります。生産活動を行なった場合は工賃も発生します。通所利用と在宅利用の併用も可能です。



どういった人が利用するの?

  1. 通所が困難である方。
  2. 自宅での作業はできるが、通所はしんどい方。
  3. 人が多いところが苦手な方。
  4. 感染症が心配な方。
  5. 引きこもり状態になっている方。
等、人それぞれ在宅利用の利用目的は違ってきます。



SPIS

SPISというソフトを使用して、在宅利用でも通所利用と同じ効果を得ることができるように工夫しています。そのため、安心して在宅支援を受けて頂くことができます。

  • SPIS入力画面

    SPIS入力画面

    生活面・社会面・仕事面で評価項目を設けて、4段階で良い、悪いを入力していきます。

  • SPISグラフ画面

    SPISグラフ画面

    入力した日報のデータは、スタッフがチェックをします。データはグラフで表示されるので、その上下を見てご本人に声がけをしたり、一緒に話し合いをします。



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る