ワークショップ ジョイント 就労継続支援B型/就労移行支援

大阪市東淀川区のほぼ中心にある障がい者のための多機能事業所(就労継続支援B型、就労移行支援)
「ワークショップ ジョイント」のホームページです。 お気軽に[お問い合わせ]下さい。
就労継続支援B型 就労移行支援 phone_in_talk 06-6195-5650

トップ > トピック > 今日は何の日 > 広島平和記念日(広島原爆忌)

今日は何の日

広島平和記念日(広島原爆忌) (8月6日)

1945年(昭和20年)のこの日、アメリカ軍が広島市へ世界で初めての原子爆弾「リトルボーイ」を投下した。これは人類史上初の核攻撃である。この核攻撃により広島市街は壊滅し、同年12月末までに約14万人が死亡したとされている。アメリカ軍が広島に原子爆弾を投下した理由には様々な説があり、日本との戦争を早く終結させるためだったという説や、ソ連に原爆の威力を見せつけて威嚇し、第二次世界大戦後の世界の支配権を握ろうとした説などがあるが、真実は不明である。だが広島市では多くの人々が犠牲となったため、この歴史的悲劇から目をそむけてはならないという思いから、この日を世界平和を祈る日ということで「平和記念日」とし、原爆慰霊碑の前で「平和祈念式典」が行われる。

また、広島市は8月6日を「ヒロシマ・デー」、8月9日を「ナガサキ・デー」として記念日にするよう、核兵器廃絶に賛同する世界の各都市で構成される国際機構「平和首長会議」に加盟する国や都市に呼びかけを行っている。しかし各国政府がこの悲劇を教訓に核兵器廃絶に向け、軍縮への道を歩み出したかと言えば決してそうではなく、逆に核兵器を保有することにより仮想敵国へ威嚇する効果があることに気づき、競って核兵器の開発に力を注いているのが現実である。

[引用:雑学ネタ帳]



トピック

リンク

QRコード

ページのトップへ戻る